記事詳細

S124 E320ワゴンのマフラーが・・・・・

   

giulia-logo

ガラージュジュリアの、輸入車の仕入れ・販売から日々のメンテナンスまでお届けしています。

ご無沙汰していました、ガラージュジュリアです。
最近、ご納車準備と車の仕入れとが重なってしまい、やっとのことでアップできました。
さて今回は、今でも根強い人気のある94年式のベンツのW124のワゴン、E320T(S124)のトラブルです。。

先日、当社のユーザー様から電話があり、
”今、遠方に来てるんだけど急にマフラーの音が大きくなった!”
という連絡がありました。

早速確認してみると・・・・

後ろから見ると明らかにリアマフラーのタイコと出口が垂れ下がってます・・


覗いてみると、錆がまわってタイコの付け根がパイプから見事にもげてしまっていました!
海や塩害の被害にあっているわけではないので、やはり12年経ってしまうとこうなってしまうのでしょうか?
早速部品の手配に入りましたが、純正マフラーは高く、中古マフラーは程度の良いのがなく、またいつ同じ状態になるかわかりませんので、社外マフラーか溶接修理かという選択になってしまいます。
しかし、修理といっても腐食がひどいためきっちり直るかわからないということで、今回は社外マフラー交換と相成りました。

ご用意したマフラーはオールステンレスで、出口の交換できるタイプのものです。出口はスクエアのロリンザータイプと、今回用意いたしましたオーバルのAMGタイプの2種類です。


4気筒、6気筒どちらにも対応しており、またフランジ部分にはちゃんとガスケットも用意されている、高さ調整も可能な結構きっちりとしたものでした。よくあるスチール製のコピー商品は結構粗いものが多く、またすぐにさびがまわるのでステンレスマフラーはお勧めです!

マフラーをジョイントする少し後ろの辺りで純正マフラーをカットし、ステンレスマフラーをジョイントしてU字で固定します。
気にされる方はここを溶接でくっつけられる方もいらっしゃいますが、排気漏れがなければこれで十分です。

真下からみるとこんな感じです。タイコが輝いています!!
ここに出口のテールピースを繋げば出来上がりです!
完了しました!後ろから見るとこんな感じです。


やはりステンレスは輝きが美しいです!でもちょっとマフラーが目立っちゃっていますか?!
音質はノーマルとほぼ変わりません。高回転の響きが少し心地よくなった気はしますが、ほとんど純正と変わりません。アイドリングもとても静かです。

お客様にはとても喜んでいただきました!
今お乗りのお車のトラブルでディーラーさんに断られたり、見積もりが高かったり、社外品を取り付けたいと思っていらっしゃるお客様!お気軽に
ガラージュジュリア にお問い合わせください!
懇切丁寧に、できる限りお役に立てるようアドバイスさせていただきます

芦屋と苦楽園に店舗を構える信頼と安心の輸入車専門店
GARAGE GIULIA
ガラージュ ジュリア

ガラージュ ジュリア KOBEファクトリー TEL:078-436-4300 兵庫県神戸市東灘区深江浜町141-3
http://www.giulia.jp  info@giulia.jp

 

神戸・西宮の輸入車専門 新車・中古車販社と輸入車整備のプロショップ

giulia-logoグラデーション

ガラージュ ジュリア

平成27年8月より苦楽園店を神戸ファクトリーと統合いたしました。

ご不便をおかけしますがファクトリーまでお問い合わせくださいませ。

■神戸FACTORY   神戸市東灘区深江浜町141-3   

078-436-4300    e-mail : kobe@giulia.jp

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。


*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

Copyright (C) 2006-2017 GARAGE GIULIA. All Rights Reserved.