記事詳細

NEWビートルの雨の日の涙。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。(雨漏れ)

   

giulia-logo

ガラージュジュリアの、輸入車の仕入れ・販売から日々のメンテナンスまでお届けしています。

こんにちは! GARAGE GIULIA です。

先週のことですが、結構雨降ましたね!皆様のお車は雨漏れ大丈夫でしたか・・・?
当社のお客様でニュービートルを乗っていらっしゃる方より電話がありました!

”運転席の足元の横のキックパネル辺りから水が垂れてくる!!”

そう、雨漏りがしているというではありませんか!
いまどきの車で雨漏りするなんて、きっとヒーターのホースからか何かじゃないの・・・?
そうたかをくくって見てみると・・・・・

車に水をかけるとしばらく3分ぐらい大丈夫でした。
”なーんだ、やっぱり雨漏りじゃないじゃん!”

ところが暫くすると・・・左の足元の辺りにチョロチョロ・・・
出てくる出てくる、滴がとどまることをしらない・・・・

”やっぱり漏れてる!しかも雨水が!!”

この車は、グレードがプラスなのでサンルーフがついています。
どうもその辺りが怪しい。。。でも今時そんなこと!
サンルーフというのは所詮、鉄板とガラスをゴムで塞いでる感じなので
多少は必ずそのゴムの辺りから水が浸入します。
でもちゃんとその水が車の下に流れ出るように穴とホースでラインを作っています。


判りにくいですが、サンルーフの内側には水が流れる溝が、そしてその角には
車の下へ流れ出るよう穴が開いており、そのから流れ出ます。

そこの穴が詰まってるからうまく流れ出ず、あふれ出たんじゃないの?
という第一段階の見解!
でもちょっと待てよ?それならサンルーフの辺りからルーフの内張りにシミが出来たり
するはず・・・シミは出来てないから、それもおかしい。。。

ということは・・・途中のラインのホースに穴が空いてるのか?!
なぜ?

念のためAピラーのカバーをはずしてみると。。。。


フロントのダッシュの横のピラーカバーを取るとそこには赤い水抜きホースが・・・

そしてそのホースはその下の部分で黒いゴムのパーツにジョイントされています。
ちょっとホースを抜いてみると・・・・

どっひゃ〜
そこで詰まっていたらしく、水があふれ出てきました!!!!!

やはりこの車、聞くところによるとよく詰まるらしい。
そこからエアーで詰まりをぶっ飛ばし((笑))もう一度つないで上から水を・・・

今度はちゃーんと下から水が流れ出てきました!
これで一件落着!

ε=( ̄。 ̄;A フゥ…

あ、ちなみに余談ですが、後ろはリアハッチの辺りに流れ出るように穴があり、
そこの口には穴の開いた黒いゴム栓がしてあります。そのゴムの穴が
ぺったんこにへちゃげさせてあります・・・

こんな風に穴を狭めてあるせいでここにゴミがたまって詰まることもよくあるらしいです。
みなさん、ちょっと気になったらそこの穴にマイナスドライバーでもつっこんで
一度かるく清掃してあげてください!

なんかディーラーではその穴にストローを切って差し込んでおくらしいです(笑)
なんとも言いがたい造りの車です。。。。。( ̄o ̄;)ボソッ


←ポチッとよろしく!! 

芦屋と苦楽園に店舗を構える信頼と安心の輸入車専門店 

GARAGE GIULIAガラージュ ジュリア

ガラージュ ジュリア KOBEファクトリー TEL:078-436-4300 兵庫県神戸市東灘区深江浜町141-3
http://www.giulia.jp  info@giulia.jp 

 

神戸・西宮の輸入車専門 新車・中古車販社と輸入車整備のプロショップ

giulia-logoグラデーション

ガラージュ ジュリア

平成27年8月より苦楽園店を神戸ファクトリーと統合いたしました。

ご不便をおかけしますがファクトリーまでお問い合わせくださいませ。

■神戸FACTORY   神戸市東灘区深江浜町141-3   

078-436-4300    e-mail : kobe@giulia.jp

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。


*

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

Copyright (C) 2006-2018 GARAGE GIULIA. All Rights Reserved.